ikenta

世の中眠れない人が沢山いるようなので驚くほど簡単に眠れる「xevra式導眠法」を紹介したい。

やり方はこうだ

・一生懸命微かな音を聞く

以上

家の外の風の音でも家の中の何かのモーターの音でも何でも構わないが、なるべく微かで聞こえるか聞こえないか位の音に意識を集中させる。

何も考えず、ただひたすらその微かな音を追ってみよう。気づいたら朝になっているはずだ。

なぜか?

人間の脳は一生懸命微かな音を聞こうとすると脳の多くの領域の活動が止まるようになっている。多分聴力を妨げるノイズを減らそうと自然とそうなるんだろう。

そうなると、聞く部分以外の脳が止まった睡眠に適した状態が出来上がる。なので気が付いたら寝てしまう訳だ。

もちろん、微かな音を一生懸命追っていても他の事が頭が巡るようになっては失敗する。だから音を何分か追い続けるのに慣れは必要になってくる。だが、逆に慣れてしまえば簡単に眠れるようになる。

眠れなくて困っている人は是非一度お試しを~

ちなみに俺は睡眠大好きで毎日寝たいだけ寝ているが一つだけ気を付けている事がある。それは絶対9時間以上寝ない事だ。9時間以上寝てしまうと睡眠の質が落ちる体質になってしまい、いつまで寝ても疲れが取れなくなる。理想的には8時間以内にした方が良さそうだ。

皆さん、良い睡眠ライフを~

世の中眠れない人が沢山いるようなので驚くほど簡単に眠れる「xevra式導眠法」を紹介したい。

やり方はこうだ

・一生懸命微かな音を聞く

以上

家の外の風の音でも家の中の何かのモーターの音でも何でも構わないが、なるべく微かで聞こえるか聞こえないか位の音に意識を集中させる。

何も考えず、ただひたすらその微かな音を追ってみよう。気づいたら朝になっているはずだ。

なぜか?

人間の脳は一生懸命微かな音を聞こうとすると脳の多くの領域の活動が止まるようになっている。多分聴力を妨げるノイズを減らそうと自然とそうなるんだろう。

そうなると、聞く部分以外の脳が止まった睡眠に適した状態が出来上がる。なので気が付いたら寝てしまう訳だ。

もちろん、微かな音を一生懸命追っていても他の事が頭が巡るようになっては失敗する。だから音を何分か追い続けるのに慣れは必要になってくる。だが、逆に慣れてしまえば簡単に眠れるようになる。

眠れなくて困っている人は是非一度お試しを~

ちなみに俺は睡眠大好きで毎日寝たいだけ寝ているが一つだけ気を付けている事がある。それは絶対9時間以上寝ない事だ。9時間以上寝てしまうと睡眠の質が落ちる体質になってしまい、いつまで寝ても疲れが取れなくなる。理想的には8時間以内にした方が良さそうだ。

皆さん、良い睡眠ライフを~

日本人が優しいのは遺伝子に原因があったのではないか


だから、多くの国で、自分の友人や親族の誰かが殺された経験を持っている。

女性も、殴られたり、レイプされたりする率は非常に高い。その殺され方も日本人が見ると、想像できないほどの残虐性である。だから、多くの外国人女性が日本にやってきて、日本の治安の良さに驚嘆する。

「いったい、日本はなぜこんなに治安が良いのか?」

日本がこれほどまで治安が良いのは、いろいろな説があるが、端的に言えば、日本人が穏やかで優しい民族だからである。

では、なぜ日本人は穏やかで優しいのか。

日本人は文化や風習や自制心によって、その優しさを磨いてきたという説もあった。

最近になって、日本人が優しいのは遺伝子に原因があったのではないかという説が有力視されつつある。

1996年11月、オーストリアのザルツブルク大学の科学者が、「セロトニントランスポーター遺伝子」というものを発見した。

これは、セロトニンの伝達に関連する情報が書き込まれた遺伝子なのだが、この遺伝子は、恐怖を強く感じるか、それほど感じないかを司る遺伝子だったのだ。

この遺伝子の組み合わせによって、人は恐怖を強く感じたり、それほど感じなかったりするのである。これが、人種によって違っているのが明らかになった。

image
世界では何かあると暴動や暴力や破壊が発生する。日本でも暴動が起きてもおかしくない案件が山ほどあるが、ほとんどの日本人は我慢する。

日本人は圧倒的なまでにSS型で占められている


「セロトニントランスポーター遺伝子」のタイプは3つあったのだが、この3つのタイプで恐怖を感じる度合いが違ってくるのである。

3つのタイプとは以下のものである。

LL型 恐怖に鈍感
SL型 恐怖に中立
SS型 恐怖に敏感

人種によって、どのタイプが多いのか分布がまったく違っていることが分かっている。恐怖に敏感なSS型が、その人種でどれくらいの割合で存在しているのかを調べたデータがあるようだが、それによると、以下のようになっていたという。

南アフリカ人 32%
ドイツ人 64%
インド人 67%
日本人 97%

日本人は圧倒的なまでにSS型で占められている。ほとんど全員がSS型と言ってもいいほどだ。

恐怖に敏感であるということは、悪いことのように見えるが、実は厳しい環境の中で生き残るためには欠かせない重要な要素である。

恐怖があるから、慎重になり、それゆえに生き残りやすい。また、環境の変化に敏感で、トラブルが起きる前に回避してしまう行動を起こすから、結果的に社会は安定したものになる。

つまり、優しい社会になる。

このSS型が世界で最も多いのが日本人であるとすると、日本人は、遺伝子レベルで優しさが組み込まれていたということになる。日本人の優しさは、先天的なものであり、天性のものだったのである。

image
2011年3月11日の東日本大震災という未曾有の震災に見舞われても、略奪も暴動も起きず、日本人同士で助け合った。震災よりも、日本人の態度に世界は驚いた。

集団で相手と対抗するというのは、重要な知恵だった


「セロトニントランスポーター遺伝子」のSS型が多いというのは、個体としては弱いということを意味する。

恐怖を感じやすいというのは、すなわち激しい主張、激しい暴力、激しい対立、激しい交渉は苦手だということだ。それは日本人の社会を見ても納得できるものがある。

諸外国の厚かましさは、日本人から見れば想像すらできない「野蛮な世界の住民」にしか見えない。

インド人はSS型が67%だから、優しい人も意外に多いように見えるが、日本人から見ると、そのインド人ですらも野蛮人か原始人のように見える人が多い。

それほど、日本人は優しい。

だから、この弱さを克服するために、いろいろな方法が日本では考え出された。集団を作り、常に集団で相手と対抗するというのは、その中でも最も重要な知恵だった。

個人と個人なら、どうしても勝てない。しかし、個人と集団であれば、集団の数が大きければ大きいほど勝てる。

日本人が集団で生きるのが当然のように考えるのは、逆に言えば集団でなければ勝てないことを自覚しているからだ。

この集団は、互いに気配りするために非常にまとまりが強い。長期に渡って、ひとつの目標に向かって進むことができる。だから、集団になった日本人は異常に強い。

集団になった日本人の強さは時に伝説を生み出すのは、日本人ひとりひとりが弱さを克服するための集団であることを意識しているからだ。

逆に言えば、集団から外れて、ただの個人となった日本人は、とても弱い可能性が高い。

日本に自営業の人が外国に比べて少ないのも、個人であることの弱さを認識しているからであると言える。

そんな世の中で、もし日本人のあなたが一匹狼として生きるのであれば、個体としての弱さを克服するために、何らかの知恵が必要になるということだ。

そうしないと、一方的にやられてしまう可能性がある。

日本人が優しく、個人が弱いのは、遺伝子に原因があった? (via sqiz)

(via book-cat)

「ZIP」を観ていたら、犯罪学の教授が「不審者は見た目じゃわからないから『人間』に気をつけてもだめ。襲われやすい『場所』を避けること」といっていて、これはもっと強調するべきだと思いました。
人間が写っていない写真が見られない。文章がない写真集を長時間見ていられない。説明がない展示物は見られない。ボーカルがない音楽が聴けない。誰かが解説していないと、自分の感動が確かめられない。そういう人が多いのだ。

MORI LOG ACADEMY: 見ない人たち (via nsss, pokepuyo)

2009-03-23

もっかいりぶろぐしとこう。ww

(via gkojay) (via handtomouse) (via mokn12) (via netgeek) (via altimeter) (via mocrlbmut) (via tatsukii)

(via do-nothing) (via chelseamix) (via likeasunsyun) (via sunsyun) (via mamemomonga) (via akiyoshi) (via katoyuu) (via tiga) (via yaruo)

(via ritarosso) (via cherub69) (via storadio) (via cherub69)

(via writerman-js) (via fumi-tano) (via shiba500)

2012-08-22

(via mmtki) (via zengame) (via twinleaves) (via allgreendays)

(via kowloon-lee) (via yellowblog) (via takojima) (via deli-hell-me) (via srtyu0000)

(via bochinohito)

(via chishikiakira)

(via shinjihi) (via koke-musumade) (via hirotamaki) (via neetria) (via peckori) (via magurohd)

(via 13py2) (via yoshisawa17)

(via mizune-life) (via yorozuna) (via a2chan) (via age-pan) (via aki373)
昔校長先生が「勉強しないと視野が狭くなる。勉強しないと僅かな知識だけでこの世を理解しようとするせいで、ありえない仕組みを仮定して「分からない」を埋め立て始める。分からない物の多さが分からないからなんでも知ってる気分になってしまう」と話してたの、今になってすごく意味がわかる。
 母から聞いた話ですので、詳細はよく知りません。
 知りませんが、僕の祖父は、第二次大戦中に反戦ビラをまいて、特攻警察に捕まったことがあるそうです。

 あの時代は、「反戦」を唱えると言うこと、表現すること、意思表示をすることが、「社会通念上許されない悪」であり、「国家に対する反逆行為」であるとされていたのは、皆さんご存じでしょう。
 反戦は、許されない悪であり、公権力により弾圧されて当然という時代。
 ホンの、60年ほど前です。
 
 小林多喜二が、「労働者の自由」を主張して、投獄された後拷問で殺されたのは、1933年、77年前。
 
 「公権力が、悪と認めた表現や主張を、公然と取り締まり、弾圧し、殺していた時代」から、まだ1世紀も経っていないのです。
 そして今も、世界中の様々な国で、同等のことが行われている。

 表現の自由というのは、そういう血の歴史の上で、なんとか危うくも成り立っている。
 それだけの価値がある、尊い物です。
最近なんかダルいわ…という人が「いつも疲れている」理由はこの9つ

■1:運動不足

■2:水を飲まない

■3:鉄分が足りない

■4:完璧主義者である

■5:朝食を抜く

■6:ジャンクフードの食べすぎ

■7:“NO”と言えない

■8:休暇中も仕事

■9:寝る前にアルコールを飲む

同じ物件で安く契約できるなら、もちろんそちらを選びます。

”物件を問い合わせた不動産屋で内見しても、すぐに決めずに手数料の安いところ探す”

仕組みをわかってれば皆そうしますよね。

家電を量販店に行って、気に入ったモノの品番を控える→後で一番安いところをWebで探して買う。

これと同じことです。

仕事を探す時は「この世に存在する価値がある」と思える会社を選んでください。「この会社があるから、世の中は良くなっている」と思える会社です。